千葉のリフォーム/リノベーションはウッディホーム

お電話でのお問合せはフリーダイヤル
受付時間 8:15~18:00 0120-17-2506

デザインとプラン

Design


バリアフリー

身体の不自由な方・ご高齢の方・小さなお子様といった方々だけではなく、全ての方が安全で住まい易い住宅。

時代はバリアフリーからユニバーサルデザインへ

barrier-free_04.jpg
(例)急勾配だった階段は人に優しい勾配へ
これまでのいわゆる『バリアフリー』とは、特別な人への配慮というコンセプトでしたが、『ユニバーサルデザイン』は老若男女を問わず全ての人が快適に/心地よくというコンセプトになります。
元々はアメリカの建築家が提唱したものですが、1990年以降全世界的にその潮流が広まり、現在では建築/空間デザインにおいて欠かすことのできない重要事項となっています。
例として・・・
・サムターンやノブの負荷低減で子供やお年寄りでも扱い易く
・サッシの使用に際して、指などを挟まぬ様にする部品の取付
・2枚扉のサッシを3枚扉として最大開口幅を大きく取る
・IHヒーターを導入し生火を使わなくする事で安全性を高める
・浴槽内に足の滑り止めを設け事故防止を
・タンクレス便器でトイレ空間を広く使う事で利便性と安全性を高める
・階段の傾斜を下げ、段数を多くする
等、これまでのバリアフリー施工にプラスして、全ての方への安全性・利便性の向上を図ります。

barrier-free_01.jpg
(例)間取りを変更し、寝室からもリビングからも入りやすいトイレへ
barrier-free_02.jpg
(例)引き戸は躓かない/段差の無いレールへ


barrier-free_08.jpg
(例)車椅子でも炊事ができる様に作られたキッチン
barrier-free_09.jpg (例)材質の異なる浴室と洗面の床の段差の極小さい安全なものに

ページの先頭へ