千葉のリフォーム/リノベーションはウッディホーム

お電話でのお問合せはフリーダイヤル
受付時間 8:15~18:00 0120-17-2506

耐震 診断と補強

Resistant Structures


耐震診断

今お住まいの家は大丈夫ですか?
耐震診断士が専用ソフトでシミュレーションを行い住まいの診断書を作成いたします。

耐震診断の必要性

耐震診断をお勧めする理由

checkup_01.jpg
「木造住宅の耐震診断と補強方法」(一般財団法人 日本建築防災協会発行)の一般診断法、
精密診断法1に準拠した耐震診断ソフトによる診断書
日本は有数の地震国で、先の震災も記憶に新しいところでしょう。
一般的な住宅家屋は木造が大多数を占めていますが、昭和56年6月1日以前の耐震基準で建てられた建物は阪神淡路大震災での被害が現在の新耐震基準で建てられたものより多かったとされています。
また、建築基準法はその後も改正・見直しされていて、阪神淡路大震災後に接合金物の奨励が行われたり、2000年の改正では木造住宅における仕様の明確化などが定められました。
これらのことから特に昭和56年6月1日以前の基準で建てられた建物はもちろんですが、それ以降のものでも安心・安全を得るために耐震診断を推奨しています。

古い耐震基準で建てられた建物は・・・
①構造耐力上必要な壁量が不足している
②壁の配置、バランスが悪い
③接合金物が不足している
④(現在ほど)耐震に配慮した設計ではない
・・・こうしたことから地震の際に被害を受ける可能性があるためです。

特に耐震診断をお奨めする家屋

checkup_02.jpg①昭和56年6月1日より前に建てられた住宅にお住まいの方
②家の構造図面が残っていない方
③サッシ恰好が大きい住宅にお住まいの方
④細長い形、デコボコした形の住宅にお住まいの方
⑤屋根瓦が重たい住宅にお住まいの方
⑥ご自宅のリフォームを検討されている方

今お住まいの家屋は大丈夫ですか、耐震診断をしてみませんか?

当社の耐震診断の特徴

・確認申請図面を基にした耐震診断ソフトでの図面診断は無料
・有資格者(1・2級建築士、木造建築士)の現地調査による精密診断
・耐震診断ソフトを基にした補強計画立案
・ライフスタイル・住まい易さなど住居としての他の品質・性能と併せたプランニングが可能

耐震診断の流れ(精密診断)

ご相談受付 → 現地調査 → 診断書作成・説明 ご相談受付・・・・・・・・設計図書の確認・公的資金利用ご希望・増改築など家屋の履歴についてヒアリング。
現地調査・・・・・・・・・内外部及び各部劣化調査。
診断書作成・説明・・・・・一週間以内に診断書を作成し説明に上がります。

※参考 国土交通省監修(外部サイト)『誰でもできるわが家の耐震診断』

注:国土交通省監修のものですが、問診形式の簡易な自己診断で必ずしも診断した家屋の性能を補償するものではありません。
こうしたサイトで自己診断も可能ですが、専門の耐震診断士による診断で安全確認をして安心を得たり、耐力不足を解消するための提案はいかがでしょうか。

耐震診断ソフトによる診断と補強計画

checkup_04.jpg 耐震診断結果により地震による被害の可能性がある場合は補強計画を立案・シミュレーションします。
耐震診断する事で今のお住まいの耐震強度が分かりますが、適切な補強についてまで算出してくれますので、これに基づいた耐震補強計画をご提案させていただきます。

もちろん、リフォームをご検討中の方へは家事動線・インテリアなどのプランと併せた補強計画をご提案しております。

耐震診断による評価

checkup_05.jpg
耐震診断ソフトによる家屋被害と補強状態シミュレーション。
~耐震診断の評価基準~
建築基準法の想定する大地震に対しての倒壊する危険性を判定。
評点1.0が基準法の求める大地震時耐力有しているかの基準となり、1.0未満では倒壊の可能性がある。

評点基準
1.5以上・・・・・・・倒壊しない
1.0以上~1.5未満・・・一応倒壊しない
0.7以上~1.0未満・・・倒壊する可能性がある
0.7未満・・・・・・・倒壊する可能性が高い
※耐震診断の基準評点はいわゆる新築住宅の性能表示である『1~3等級』とは異なります。

耐震診断について よくある質問

Q1 耐震診断て無料なの?
A1 確認申請図面等から専用の耐震診断ソフトでの図面診断は無料です。
現地調査を伴う実質的な精密診断、市等の補助金対象の耐震診断は有料となります。

Q2 耐震補強工事って幾らかかるの?高いイメージだけど...
A2 補強方法により工事金額は変わります。適切な補強方法にてそれぞれお見積もり致します。

耐震診断の際に、補強計画や補強の仕方について説明いたします。

ページの先頭へ